2016神舞報告(11)

0

    7月15日、伊美別宮社に神舞の安全祈願に参拝しました。

    周防灘を渡るこの祭り、ある書物に「難所のイワイ灘」と

    書かれていましたが、そのよく荒れる海を横切っての行程

    49キロは、この海域を熟知している船頭の知識とすぐれた

    操船技術がなければ成しえません。

    そこで大船頭、三隻の神様船やカイデンマの船頭たちが

    揃って参拝し航海安全無事故を祈念しました。。

     

     

     

     


    2016神舞情報(13)

    0

      先日刈り取ったカヤが乾燥して編む頃になりました。

      気の早いところはもう編み始めて、あちらこちらでワイワイガヤガヤ〜。

      神舞恒例の光景です。ビデオカメラを抱えた放送局の取材が忙しい

       

       


      神舞報告(10)

      0

        五穀の額が仕上がりました。

        もっとも手間のかかる準備の一つですが仕上がりました。

        2ケ月余りかけてコツコツと小さな豆を並べるこの作業、

        手先の器用さと根気、集中力がなければできません。

        今回も頑張って下さった村岡さんに、改めて敬意と感謝です。

         

                ↑畳の3/4の大きさです

         

         

         

        この五穀の額に使われた豆のルーツは、1100年前に逆上ります。

        農耕の術を教わった時にもらった種を大切に作り続けてきました。

        大豆、小豆。ヤイナリ(緑豆)、黒ささげ、そしてキビです。

        これらを食することで生活が向上したといわれています。

         

         

         

         

         

         

         

         


        2016神舞報告(12)

        0

          2月に下刈りしていたカヤが、青々と伸びていました。
           区役員、総代、有志30名余が参加してくれました。  早速に作業に取り掛かりました。草刈り機で刈り取り、束ねて運びだし持って帰りました。嬉しいことにお母さんたちが、もう待ち構えていて早速にゴミや雑草を取り除くと緑の葉っぱが現れました。緑が瑞々しく見とれました。
           広げて三、四日乾燥させると柔らかくなりますので、今度はいよいよトマ編にとり掛かります 

          「暑い最中ご苦労様です〜!」と言えば、「なぁに、これが神舞じゃ」と明るい返事が返って来ました。皆々笑顔です。

           

           

           

           


          神舞報告

          0

            6月25日、カウントダウン板の設置を行いました。

            小雨の中でしたが、前回使ったボルトなど残ってましたので

            洗って取り付ける作業でしたので早く終了しました。

            これを取り付けてカウントダウンしますと何かとせかされます。

            「もう二か月ないな〜」と早速声がかかりました。

             

             

             

             

             

             


            神舞報告

            0

              5月26日切り飾りのカッティングを行いました。

              祝島公民館の二階講堂に30数名の方が集まってくれて取り組みました。

              十六神幣飾りは、祝島に祀られている十五の神様と宮戸八幡宮の十六神の名前を切り抜きます。

              赤白黄緑青の五色の色紙にプリントした文字を切り抜く作業です。一色ごとに5枚、五色ですから25枚。

              それが16神ですので400枚の切り抜きとなります。

              猿田彦大明神や宇和嶋、春日、大歳といった字画の多いのは手間がかかります。

              切り抜きと並行して幣を糊付けしたりコヨリをつけたり作業は様々、でも和気藹々の中で

              おしゃべりを楽しみながらワイワイガヤガヤでどんどん仕上がりました。

              四方神飾りはお持ち帰っての作業をお願いして午後9時過ぎ解散しました。

               

               

               

               


              心を合わせて〜

              0
                ”神舞準備”
                気に掛かりながら、諸々で日延べしていたのですが、「切飾り」を5月26日午後7時からに設定しました。これは全くの手作業なので、人海戦術での取り組みです。参加協力を呼びかけています。
                今回は十六神の幣飾りは、カットは終えてますので、コヨリや幣を取り付ける作業です。四方神はカット作業から入ります。

                神舞準備も先日自治会奉賛会の合同会議を経まして、ほぼ予定通り進行しています。やるからには盛会に〜という心が繋がって広がっています。
                寄付も集まっています。嬉しいですね。思わぬ方からも沢山にきています。
                この神舞の資金は、大勢の方が協力して下さるカンパで成り立っています。
                ”ほんの気持ちです〜”というコメントを読むたびに、皆さんの”ふるさと祝島”への熱い想いに、私の心も潤み熱くなります。
                 

                神舞報告7(2016/4/21)

                0
                  かねてから懸案であった、神舞グッヅの手拭いとTシャツができました。
                  祝島出身の村岡正司さんにデッサンしていただきました。
                  Tシャツは同じく祝島出身の岩本勝則さんに、手拭いは平生町の河藤日進堂さんに
                  製作してもらいました。
                  お二人とも親身になって、とっても良いものを作っていただきました。
                  感謝しています。
                  なお、近く開催されます役員会のあと販売もいたします。(はしべ)

                  Tシャツ




                  手拭い















                   

                  カヤ刈り

                  0
                    2016神舞報告 (2016/2/18)
                    先日の小竹の伐採は天候不安での中でしたが、今日は好天に恵まれて青空の眩しい中での作業でした。草刈り機も軽快の音で、作業ははかどりました。
                    今までは各組に分かれてのカヤ刈りでしたが、今回は合同の作業にしました。
                    カヤの古葉を刈り取れば、春の日差しに誘われて新芽が出て来ます。それが伸び並ぶ7月に刈り、干して乾かして苫(トマ)に編みます。

                    広大な北野地区の休耕田の一部を借りました。大正時代に島を上げて80戸余が耕地整理を行い米作に取り組んだという、一大事業の跡地です。祝島のエネルギーを物語る大プロジェクトで、古老の話を収録していますので、早く製本にして公開したいと思っています。(はしべ)








                     

                    神楽用の小竹の伐採

                    0
                      2016神舞報告 (2016/2/18)
                      夜半雨が降りつづいたので1時間遅れの作業開始でしたが、順調に終えることが出来ました。

                      カタイのため池の側に有る竹林で伐採しました。
                      30名も集まってくれましたので、手分けして順調に予定以上の竹を集めることが出来ました。終えると海岸に下がり竹を洗い清めました。陰干しをして、6月上旬には伊美別宮社に届け、この竹を使って祈願神楽用の幣や鬼の杖を作り神楽で使います。
                      寒風の中でしたが、和気藹々(わきあいあい)で楽しみながらの作業でした。
                      危険な作業ですから細心の注意を払いながらも、時折冗談が飛び交う、祝島ならではの共同作業が展開されました。
                      昨夜は、雷を伴った強雨でしたので現場に行く道が雨上がりはスリップするので作業延期を思案したりしましたが、無事終了してほっとしてます。

                      次は苫(トマ)ようのカヤ刈りです。18日に予定しました。(はしべ)







                       

                      | 1/2PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << August 2016 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM